本文のトップ
旅行タイプ
フライト 1
フライト 2
フライト 3
フライト 4
フライト 5

世界中の 895,000 軒以上の宿泊施設と 550 社以上の航空会社から検索。

航空券+ホテル同時予約でホテル代が最大全額OFF

即時に空席・空室のみ検索表示で簡単予約

ウェストミンスター寺院

国民の精神生活を中核となって支えるウェストミンスター寺院は、至高の教会建築でもあります。

ウェストミンスター寺院では、これまで英王室の結婚式が 26 回、戴冠式が 38 回催されました。英国の数百もの伝説的人物の永眠の地でもあります。

中世ゴシック建築の習い通り、塔が対をなし、先のとがった尖塔 (せんとう) を備えるウェストミンスター寺院は、一見そっけなく見えるかもしれません。しかし、いったん北側扉に足を踏み入れると、何世紀も昔から伝わる華麗な装飾に囲まれていることに気が付くはずです。今の建物の基本は、エドワード懺悔 (ざんげ) 王が 1042 年に建設した教会を 1245 年に再建してできました。ウェストミンスター寺院の建設は、一貫した計画のないまま、飢饉 (ききん) や革命で何度も足踏みしながら、ゆっくりと進み、ついには人類のいくつもの黄金時代を一体化する神聖な空間に昇華しました。

これほどの教会を急ぎ足で見て去るのは、ある意味、罪深い行為。少なくとも半日くらいは時間を取り、教会の貴重な財産を丹念に鑑賞して回りましょう。堂内の高みに設けられた戴冠式の椅子。そこに居並ぶ王や女王が 38 人……。心に思い描いてみませんか。この 38 人の大部分は現在、教会墓地に永眠しています。人々を奮起させた サー・ウィンストン・チャーチルの言葉を思い出してください。チャーチルの記念銘板は西側扉の近くに横たわっています。ケシの花のリースが飾られた無名戦士の墓では、第一次世界大戦で散った英国兵士に敬意を表しましょう。ウィリアム・シェークスピア、T.S. エリオット・ディラン・トマスらが眠る詩人のコーナーは、文学を愛する人たちが大勢訪れる一角です。

教会の最も古いエリア、11 世紀の円天井をいただく聖ペテロの地下墓所。ここにも立ち入ることができます。今は博物館となり、英王族の肖像、デス マスク、衣服などが並んでいます。続いて、カレッジ ガーデンで、修道士たちの遠い昔からの習慣よろしく、歩きながら瞑想 (めいそう) してみてはいかがでしょうか。

ウェストミンスター寺院の礼拝に参列することは、ロンドン滞在のハイライトとして印象に残るに違いありませんが、クリスマスなど、参加希望が集中する儀式は要予約。詳しい無料のオーディオ ツアーは、北側扉から参加してください。さらにガイド付きツアーもご利用になれます。ウェストミンスター寺院内部の写真撮影は許可されていません。また、冬季は室内でも底冷えする場合があります。

ウェストミンスター寺院はロンドンの中心、ビッグ ベンと国会議事堂の隣にあります。礼拝の行われる日曜日以外は、毎日見学できます。最寄りの地下鉄駅はセント ジェームズ 公園駅とウェストミンスター駅です。


ウェストミンスター寺院旅行ガイド


地図