本文のトップ
旅行タイプ
フライト 1
フライト 2
フライト 3
フライト 4
フライト 5

世界中の 895,000 軒以上の宿泊施設と 550 社以上の航空会社から検索。

航空券+ホテル同時予約でホテル代が最大全額OFF

即時に空席・空室のみ検索表示で簡単予約

フィンランド 旅行ガイド

深い森の緑と青く澄んだ湖、バルト海に抱かれた北ヨーロッパの国フィンランド。面積は北海道ほどですが、国内にはおよそ180,000カ所の湖が点在し、手付かずの美しい自然と野生動物を見ることができます。また、緯度の高いフィンランドでは各地でオーロラを観測することができ、フィンランド観光の目玉となっています。なお、オーロラ観測は8月下旬から3月ごろまでがシーズンで、最北の街ラップランドでは年間200日近くオーロラを見ることができると言われています。

首都・ヘルシンキでは日本でも大人気のフィンランドのブランド、マリメッコやイッタラ、アラビアといった北欧デザインの工場見学やアウトレットでのショッピングが楽しみのひとつ。フィンランドの美しい大自然からインスパイアされた、やさしいデザインは生活にしっくりと溶け込みます。また、ヘルシンキ市内のデザイン・ディストリクトには上記のブランド以外にも北欧デザインのお店が大集結。お気に入りのものがきっとみつかるショッピングスポットとなっています。また、ヘルシンキから列車で2時間ほどのタンペレという街は、人気アニメ「ムーミン」の故郷であり、ムーミン谷ミュージアムがあります。世界遺産にも登録されているかわいらしい街並みのなか、小さな頃に読んだおとぎ話のようなファンタジックな世界を旅してみませんか。

フィンランドのベストシーズン

ハイシーズン

フィンランドの観光シーズンは5月ごろから白夜の終わる9月までで、その中でも天候も良く観光に適しているのは白夜が始まる6月から8月初めまでとなります。フィンランドでは、このシーズンに合わせて大小さまざまな音楽祭が行われており、ジャズ、ロック、オペラ、クラシックなど各地でライブ・フェスティバルを楽しむことができます。そして、9月ごろには白夜は終わり、一気に夜の時間が長くなります。なお、白夜のシーズンでは日照時間が1日20時間程度となるものの、気温はそれほど上がらず夏場の平均気温は13?18℃程度のため、肌寒く感じることが多くなりそう。コートや風を通さないウィンドブレーカーなど少し余分に防寒具を用意するのがおすすめです。なお、フィンランドは高緯度のため紫外線が強く、なおかつ蚊が多いため、夏場であっても長袖を着用の上、紫外線、虫よけ対策を行ったほうが良いでしょう。

一方、オーロラの観測がメインの旅行の場合には8月下旬から3月が観測シーズンにあたり、夜の時間が長いクリスマスから年明けのシーズンがオーロラ見学のベストシーズンとなります。なお、オーロラは北へ行くほどより観測する機会が増え、最北の街ラップランドでは年間200日ほどオーロラを観測することができます。

レギュラーシーズン

1年を通して訪れることのできるフィンランドですが、観光の目的により最適なシーズンは異なります。バードウォッチングやハイキングが楽しめるのは雪解けが始める5月ごろからで、本格的に観光、散策を楽しむのであれば6,7月がベストシーズン、8月には秋の気配が漂い、9, 10月には紅葉が見ごろを迎えます。また、オーロラ観測が目的であれば11月から2月が適しているでしょう。さらに、積雪の多いフィンランドはスキーリゾートも充実しています。12月から翌年4月にかけて、国内では大小75ヶ所のスキーリゾートがオープンしており、初心者から上級者まで様々なコースが楽しめます。なお、フィンランド北部では1年の1/3にあたる、およそ120日間が冬のため、スキー、スノーボード、ソリなどのウィンタースポーツが盛んです。フィンランドは夏場を除き天候が不安定な日が多く、春先の4, 5月であっても降雪があったり、夏場でもにわか雨が降ったりすることがあるので雨具は必須アイテムと言えるでしょう。

ローシーズン

オーロラ観測には最適な冬のフィンランドですが、気温がマイナス30?20℃と厳しい寒さのため、観光客の数はそれほど多くありません。ただし、暖房設備が整っているため冬場であっても室内がとても暖かく、寒さに慣れていなくても比較的安心して過ごすことができるでしょう。また、フィンランドはサンタクロースの故郷としても知られており、本格的なクリスマスマーケットやイルミネーションに彩られた美しい街など、シーズンに合わせた見どころを楽しむことができます。

フィンランドの空港と市街地への交通について

日本から最も近いヨーロッパの空港であり、フィンランド・ヨーロッパの玄関口として利用されるヘルシンキ・ヴァンター国際空港。日本からは成田・羽田、中部、関西国際空港から直行便が定期運航しており、所要時間は10時間ほどとなっています。

ヘルシンキ・ヴァンター国際空港 Helsinki-Vantaa Airport/Helsinki-Vantaan lentoasema (HEL)

距離:ヘルシンキから北に15kmフィンランドの首都・ヘルシンキ近郊にある国内最大の国際空港。近隣のヨーロッパ諸国の中で最も日本からの飛行距離が近いため、欧州各都市への乗り継ぎにも頻繁に利用されています。なお、空港から市街地までは中央駅まで直通のシャトルバス(フィンエアー・シティバス)、路線バス、一般タクシー、定額制のエアポートタクシー、またはレンタカーで移動することができ、所要時間は概ね30分程度です。

フィンランド旅行お役立ちサイト

フィンランド政府観光局 公式サイト

http://www.visitfinland.com/ja/

ジャーニー.fi(英語)

http://www.Journey.fi

フィンランド国内での鉄道、バス、徒歩での移動手段や所要時間が調べられる便利なサイト。

ウィキトラベル・フィンランド

http://wikitravel.org/ja/フィンランド

ウィキペディアの旅行ガイド、ウィキトラベルには、より詳しい気候と旅行のアドバイス、アクティビティ別お奨めスポットなど、基本的な情報が詳しく載っています。?

ユーロミューズ.net(英仏伊語など)

http://www.euromuse.net

ヨーロッパ各国の美術館・博物館や各特別展、エクスポジションを検索することができるポータルサイトです。

外務省・海外安全ホームページ

http://www.anzen.mofa.go.jp/travel/

世界の国・地域別の渡航情報や渡航、滞在にあたっての注意点などが載っているため、渡航前にチェックするとよいでしょう。

エクスペディアでは皆さまのご都合に合った航空券探しをお手伝いします。また、 航空券+ホテルのご予約の場合、さらにお得な価格でのご提供が可能です。フィンランドへの飛行機のチケットのご予約は、エクスペディアにお任せください。