タイの人気都市

ポケット ガイド: タイ

タイ王国へ訪れる人の数は、毎年700万人。その数は、東南アジアで最も観光客に人気がある場所といえるほどです。それもそのはず、タイはどんな人でも楽しめるのです。必要最低限の予算で旅して回るバックパッカーも、バンコクのブティックで最新のデザイナーズファッションを見てまわりながらショッピングを楽しむほど旅行の予算をたっぷり確保した人も、あらゆる人人にとってタイでの滞在が心躍るものになるかもしれません。

タイの大都市、バンコクはタイの伝統とモダニズムが融合した街です。過去15年間続いた再開発の波はスクムウィット地区に数々の高層ビルや巨大ショッピングセンターなどを生みだしました。しかし、タイの伝統文化は再開発を経てもタイの首都らしく独自の文化と歴史を今も営んでいます。

バンコクへ訪れたら、チャトゥチャック ウィークエンドマーケットでの散策は見逃せません。世界最大の週末市場は、約13ヘクタールの敷地に15000以上もの店舗が並んでいます。そのバリエーションは、ビンテージジーンズにパイソンバッグ、飲食店などと様々。また、夕方にロングテールボートでチャオプラヤー川をクルーズしながら王宮が夕日と夜の空で光輝く姿を眺めてみるのも良いでしょう。バンコクの街をトゥクトゥク三輪タクシーで回るのもバンコク旅行の醍醐味です。夕食を取り忘れても焦らなくてOK。手ごろな価格でさくっと食べられるローカル料理を提供する屋台や飲食店があちこちにあります。

郊外や地方のタイは、別世界です。東部と西部の海に面した地域には、世界でも美しいビーチがあります。ラオスとの国境付近(北西部)の地域は比較的開発されていないので古き良き時代のタイに出逢うことができます。

仏教国であるタイにも古代からの仏像が史跡とともに無数にあります。北部の街、ピサヌロークはかつて重要な都市として栄えました。そのためか「タイで最も美しい」といわれる仏像があります。ワット プラシー ラタナマハタート寺院で見られます。また、史跡観光ならチェンマイも外せません。

北部の山脈部から心地よい海の漣が聞こえる南部の海岸部まであらゆる選択肢があるタイでは、ホテルも様々。グレードは低くても、暖かくチャーミングなゲストハウスから憧れの五つ星高級リゾートまでありとあらゆるタイのホテルや宿から選ぶことができます。

タイ旅行の行先に迷ったら、エクスペディアの旅行ガイドをチェックすると、何かピンとくるヒントがあるかもしれません。思い立ったら、そのままバンコクへの航空券もお得なパッケージツアーも検索できます。

false