プーケット旅行ガイド

プーケットはアンダマン海の真珠と呼ばれる、アジアを代表するビーチリゾート。西海岸に点在するビーチは、マリンスポーツを楽しむ観光客でいっぱい。夜は喧噪に包まれたビーチロードでナイトライフを楽しめます。一方で繁華街から離れたビーチには贅を尽くしたゴージャスリゾートが建ち、優美な休日を過ごせます。

どんなところ?
西海岸にあるビーチにはカラフルなパラソルが連なり、中規模のホテルやレストラン、ブティックなどが並ぶアジアのビーチリゾートらしい雰囲気。特にパトンビーチは大型ショッピングセンターやレストラン、ナイトクラブなどが集まり、一大繁華街になっています。 一方でにぎやかなビーチから離れたエリアには、アジアのリゾートシーンをリードするラグジュアリーなリゾートホテルが点在。優雅なプライベートプールを備えたヴィラホテルや、ハイレベルなスパが自慢のリゾートなど、個性豊かなリゾートホテルでゆったりくつろげます。

便利な移動手段
観光客にとっては、どこにでも自由に行けるタクシーが便利。時間単位でのチャーターや運転手付きのレンタカーを利用することもできます。 近場の移動は、軽トラックを改装したトゥクトゥクが一般的。乗る前に料金交渉を行う必要はありますが、慣れると使いやすく重宝します。同じくバイクタクシーも近距離移動の定番ですが、安全性を考えるとトゥクトゥクのほうがおすすめです。 最もリーズナブルな移動はソンテウと呼ばれるバス。ただし日本と違って停留所や時刻表がないため、使いこなすまでには時間が必要です。

見どころ&遊び方
観光客でにぎわうのは、島の西海岸にあるビーチ。パトンビーチカタノイビーチ、カロンビーチ、カマラビーチなど、人気のビーチには色鮮やかなパラソルが林立し、多くの観光客がくつろいでいます。なかでもパトンビーチは、周辺にホテルやショッピングセンター、レストランなどが集まるプーケット最大の繁華街。夜遅くまでバーやナイトクラブのネオンがきらめいています。 豊富なオプショナルツアーも魅力のひとつ。ジャングルのなかを進むエレファントサファリやピーピー島、カイ島などの美しい島々をめぐるアイランドホッピング、さらには幻想的な奇岩がそびえるパンガー湾国立公園のボートクルーズなど、バラエティ豊かなツアーから好みのものを選べます。 ホテル自慢のゴージャスなスパや街の格安マッサージなどで、全身を癒してもらうのも定番の過ごし方です。

ホテル
アジアを代表するビーチリゾートだけに、ホテルの選択肢は多彩。中規模のホテルはパトンビーチやカタビーチ、カロンビーチなど西海岸のビーチ周辺に集中し、モダンなデザインリゾートからリーズナブルなブティックリゾートまで揃っています。 にぎわうビーチから離れると、小さなビーチにひっそりたたずむ隠れ家リゾートや、豪華なインテリアのラグジュアリーホテルが点在。喧噪から離れた静かな空間で、特別な休日を過ごすことができます。

レストラン&バー
パトンビーチをはじめにぎやかなビーチ周辺には、店頭にシーフードを並べたタイ料理のレストランが軒を連ねています。ほかにも日本料理や中国料理、イタリア料理などさまざまな料理を味わえるので、食事に困ることはないでしょう。ビーチに面した南の島らしいロケーションのレストランもおすすめです。 また高級リゾートホテル内で優雅な食事を楽しむというのも選択肢のひとつ。インテリアにもこだわったホテルダイニングでは、見た目にも美しい料理をセレブ気分で堪能できます。

伝統料理
プーケットタウンには、市民が通うリーズナブルな食堂や屋台がたくさんあります。タイ風チキンライスのカオマンガイ専門店や、香辛料をきかせた麺料理専門店など個性的な店はエスニック料理好きにはたまりません。なかでもプーケットならではの料理がホッケンミー。中国の福建省出身者が多いプーケットで生まれた屋台料理は、太麺と肉や野菜を炒めた福建風焼きそば。卵を入れて食べるのがプーケット流です。

ショッピング
忙しい観光客には、一度にいろいろな店を回れるショッピングセンターが便利。パトンビーチのジャンク・セイロンや、プーケットタウン郊外のセントラルフェスティバルが人気です。特にジャンク・セイロンは、地下にタイの雑貨を扱う小さな店が集まり、食器や木彫り、リゾートウェア、スパ製品などタイのおみやげは何でも揃います。 香辛料やスープの素などタイ料理の食材が安く手に入るスーパーマーケットもおすすめです。

旅行情報

アクセス日本からの直行便はないので、バンコクを経由してアクセスするのが一般的。日本からバンコクまでは成田・羽田・中部・関西・福岡から毎日直行便があるほか、札幌と仙台からも週3~5便の直行便が運航されている。所要時間は6時間~7時間30分。バンコクからプーケットへは毎日10便以上が運航され、所要1時間15分~1時間25分。
ビザ30日以内の観光の場合、往復の航空券または他国へ出国する航空券などを持っていればビザは必要ない。パスポートの残存有効期間は6カ月以上。
時差日本より2時間遅い。日本が12時のとき、タイは10時。
通貨流通通貨はタイバーツ。空港や銀行、街の両替所などで日本円からの両替が可能。小さなレストランや商店をのぞいて、クレジットカードの通用度も高い。
言語公用語はタイ語。観光地の主要ホテルや大きなレストラン、ショップなどでは英語も通じる。また大型ホテルでは日本人スタッフがいることも多い。

気温と降水量

シーズン1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
平均最高気温(℃)323334333232313130313131
平均最低気温(℃)222323242525252524242323
降水量(㎜)40304015020024030026040028020060

※データはHoliday Weather.comホームページより


プーケット旅行ガイド


プーケット旅行にオススメのホテル

プーケットのホテルをすべて表示
1.0 5.0 段階中
1.5 5.0 段階中
2.0 5.0 段階中
2.5 5.0 段階中
3.0 5.0 段階中
3.5 5.0 段階中
4.0 5.0 段階中
4.5 5.0 段階中
5.0 5.0 段階中
旅行者に最も人気の高いツアー
[originCity] の旅行者に最も人気の高いツアー

お得なプーケットツアー(航空券+ホテル)

プーケットへのすべてのツアーを見る

プーケット旅行を予約