アユタヤ旅行

バンコクからの日帰り旅行には、かつてタイの王都として栄えたアユタヤがおすすめ。遺跡や巨像の並ぶ歴史公園など、興味深い見どころがたくさんあります。

にぎやかな市街から一路、廃虚となったアユタヤへ旅行。古王朝の栄耀 (えいよう) を夢の跡として伝える史跡は、今なお人々を魅了してやみません。そびえる仏塔、寺院、故宮にはじかに見てこその風情があります。歴史公園の目玉は青銅製仏陀 (ぶっだ) 像ですが、博物館に多数展示されている考古学資料も粒ぞろいで、つい見入るうちに何時間も過ぎていることも。

1350 年頃、アユタヤがシャム王朝第二の都として築かれたのは、3 つの川が集まり、インド洋とつながる地勢が防衛の要として重視されたためでした。18 世紀までに経済、宗教、政治の中心を担う都会として興勢を極めましたが、1767 年には、ビルマの侵攻を受けて陥落し、何十万人もの民も追い払われて、栄華の歴史は途絶えました。

自分の足で歩くも良し、フェリー乗り場近くでレンタル自転車やトゥクトゥクを調達するも良し。象に乗って観光することもできます。市街の大部分は島に築かれており、かつては周囲を丸く取り囲む外壁もありましたが、今ではペット砦など、一部を残すのみとなっています。

遺跡の大部分は北東隅に固まっています。一際大きい寺院跡がワット プラシー サンペット。王室修道院だったワット プラ マハタートの壁際にはずらりと仏像が配置されていますが、ことごとく頭部が失われた仏像が並ぶ光景は独特です。ここにはウィハーン・プラ・モンコン・ボピットと呼ばれる大きな青銅製の仏像もあります。この場所の歴史的重要性を学ぶのに最適なのは、チャオ・サン・プラヤー国立博物館。考古学資料のコレクション規模で、ここに勝る場所はありません。

アユタヤまでの道のりは、バンコクから 90 km (56 マイル)。電車で訪れることもでき、日帰り旅行ツアーも用意されていますが、できれば 1 泊してみましょう。予算に応じてさまざまな宿泊施設があり、トゥクトゥクでのサンセット ツアーに参加すれば、ライトアップされた旧市街を見ることができます。


アユタヤ旅行にオススメのホテル

アユタヤのホテルをすべて表示
1.0 5.0 段階中
1.5 5.0 段階中
2.0 5.0 段階中
2.5 5.0 段階中
3.0 5.0 段階中
3.5 5.0 段階中
4.0 5.0 段階中
4.5 5.0 段階中
5.0 5.0 段階中
旅行者に最も人気の高いツアー
[originCity] の旅行者に最も人気の高いツアー

お得なアユタヤツアー(航空券+ホテル)

アユタヤへのすべてのツアーを見る

アユタヤ旅行を予約