本文のトップ
旅行タイプ
フライト 1
フライト 2
フライト 3
フライト 4
フライト 5

世界中の 895,000 軒以上の宿泊施設と 550 社以上の航空会社から検索。

航空券+ホテル同時予約でホテル代が最大全額OFF

即時に空席・空室のみ検索表示で簡単予約

ミャンマー 旅行ガイド

仏教遺跡に綺麗なビーチ、美しい自然など、見どころ満載のミャンマー。2011年の民主化をきっかけに世界中から人々が訪れるようになりました。仏教国家ミャンマーでは仏教が強く信仰されており、文化や生活様式には仏教が深く根付いています。ミャンマーで一番の観光スポットは、やはり世界三大仏教遺跡群であるバガン遺跡。バガンには大小約3000もの仏塔があり、その厳格な風景は見逃せません。元首都であったヤンゴンは今もミャンマー最大の都市。ヤンゴンにある黄金のシュエダゴンパゴダは圧倒される迫力と美しさです。イギリスの植民地時代に建設されたコロニアル様式の建物を鑑賞したり、賑わいを見せるボージョーアウンサンマーケットを散策するのもおすすめです。透明度の高い美しい海を堪能するならガパリビーチへ。ヤシの木や手つかずの自然に囲まれてのんびりと過ごすことができます。

ミャンマーのベストシーズン

ハイシーズン

東南アジアのインドシナ半島西部に位置するミャンマーは、熱帯モンスーン気候。11月から2月の乾季がベストシーズンです。年中高温のネピドーですが、この時期は比較的過ごしやすい気温まで下がり、雨も降らないので観光に最適の時期と言えます。朝晩は少し肌寒くなるので、長袖も持っていくようにしましょう。

レギュラーシーズン

5月から10月はマンミャーの雨期です。雨期と言っても日本の梅雨のように一日中雨が降り続くことはなく、短時間に雨がザッと降ってすぐに止むスコールがほとんど。雨期は気温も下がり、短時間の雨宿りが苦でなければ、観光に良い時期とも言えます。ただし10月下旬は例外で雨が多く降り、洪水が起こる可能性もあるので注意が必要です。しかし、バカンなどの中央部にある地域は雨期の影響をあまり受けない地域です。

ローシーズン

3月から4月はミャンマーの酷暑期。日中の気温が40度を超える日もあり、屋外観光がつらくなる時期です。日差しが強いので、日焼け対策と、室内冷房がかなり効いているので、冷房対策もお忘れなく。

ミャンマーの空港・鉄道駅と市街地への交通について

ヤンゴン国際空港

旧首都であるヤンゴンにある国際空港。ミャンマー各地への移動もこのヤンゴン出発が一般的で、飛行機、車、列車、バス、船、など様々な方法でアクセス可能です。雨期と乾期によって運行スケジュールが異なりますので注意しましょう。空港から市街へは、タクシーかバスを利用しましょう。バスの方が料金は安いですが、タクシーは到着ロビーから簡単につかまえられるのでとても便利。値段交渉を忘れずに。

ミャンマー旅行お役立ちサイト

http://www.dtac.jp/asia/myanmar/

DTAC観光情報局の公式ウェブサイト。ミャンマーについての詳しい情報が記載されています。観光スポット情報や、ビザの申請方法、フェスティバルについてなどの旅に役立つ情報から、ミャンマーの歴史、郷土料理などの基本情報まで便利な情報満載です。

http://wikitravel.org/ja/ミャンマー

ミャンマーのウェキトラベル。ウィキペディアの旅行ガイド、ウィキトラベルには、より詳しい気候と旅行のアドバイス、アクティビティ別お奨めスポットなど、基本的な情報が詳しく載っています。

MOFA外務省 海外安全ホームページ

http://www.anzen.mofa.go.jp/index.html

世界各地への渡航に必要なあらゆる情報、安全情報と重要な連絡先についての情報があります。

エクスペディアでは皆さまのご都合に合った航空券探しをお手伝いします。また、 航空券+ホテルのご予約の場合、さらにお得な価格でのご提供が可能です。ミャンマーへの飛行機のチケットのご予約は、世界最大級のオンライン旅行代理店エクスペディアにお任せください。