本文のトップ
旅行タイプ
フライト 1
フライト 2
フライト 3
フライト 4
フライト 5

世界中の 895,000 軒以上の宿泊施設と 550 社以上の航空会社から検索。

航空券+ホテル同時予約でホテル代が最大全額OFF

即時に空席・空室のみ検索表示で簡単予約

カンボジア 旅行ガイド

インドシナ海に浮かぶカンボジアは、小さな国でありながら歴史的な遺跡を数多く保存する国です。特に、主要都市であるシェムリアップを起点とした遺跡群巡りが有名で、世界遺産としても名高くカンボジアの国旗にも描かれているアンコールワットの遺跡群、深い森の中に佇むベンメリアの巨大遺跡、サンボープレイクックなどが人気の観光地となっています。さらに、シェムリアップでは名物のナイトマーケットが開かれており、夕方から深夜まで続く市場ではめずらしいアジア雑貨やアジアらしい混沌とした雰囲気を堪能することができるでしょう。また近代化が進むカンボジアの首都・プノンペンにはカンボジア王宮、国立博物館などがあり、数々の激動の歴史をくぐり抜け、今まさに発展を遂げようとしているカンボジアの姿を見ることができます。なお、現在日本からカンボジアへの直行便はなく、バンコク、ソウル、香港などを経由してカンボジアには入国することができます。所要時間は乗り継ぎ時間を含めおよそ10時間ほど、東京-バンコク間で約7時間、バンコク-シェムリアップ間で1時間、もしくはバンコク-プノンペン間で1時間半となっています。

カンボジア旅行のベストシーズン

ハイシーズン

熱帯モンスーン気候に属するカンボジアは1年を通して、湿気が高く夏のような暑さが続きます。年間の平均気温はおよそ27℃で、湿度が高いために体感温度はやや上がるでしょう。また、日本のような四季はなく、乾季と雨季とがありカンボジアの場合、11月から翌4月までが乾季にあたります。なお、その中でも比較的気温の低い11月から2月がベストシーズンとなっています。この時期には降水量が少なく、比較的気候が安定しているため、観光に適しているといえるでしょう。

レギュラーシーズン

1年を通して気温や日照時間にさほど差のないカンボジアは降水量の多い季節を除けば、いつでも訪れることができます。ただし、毎年3月末から5月にかけては、1年のうちで最も気温の上がるシーズンであるため、平均気温が30℃を上回り、炎天下のもとを歩かなければならないため日中の外出には注意が必要となります。また、雨季のシーズンであっても観光を楽しむことは可能ですが、天候が不安定となるため、雨具や防寒着の用意が必要です。なお、位置的に赤道に近いため日差しが強く紫外線に注意が必要であり、長袖で薄手の上着、帽子やサングラスなどを携帯したほうが良いでしょう。

ローシーズン

カンボジアでは雨季の始まる5月から10月までがローシーズンとなります。この時期には集中豪雨(スコール)が突発的に降ることが多く、降水量が一気に上がります。ただし、日本の雨のように終日降り続くことは稀で、30分から1時間程度で止むことが多いため、全く観光ができないわけではありません。9,10月頃には降水量が最も多くなるため旅行客は少なくなりますが、それ以外の時期であれば観光することもできるでしょう。なお、スコールの後は気温がぐっと下がるため、カーディガンやストールなどの防寒着の持参をおすすめします。

カンボジアの空港と市街地への交通について

シェムリアップ国際空港 Siem Reap International Airport(REP)

距離:シェムリアップ市街地より北西におよそ8km

カンボジアで最も人気の観光地であるアンコールワット遺跡群の南西に位置するシェムリアップ空港は、別名アンコール国際空港ともよばれています。現在、日本からの直行便運行がされていないため、カンボジアに入国する際にはバンコク、ソウル、香港などで乗り換えが必要となります。なお、バンコクーシェムリアップ間はおよそ1時間です。なお、空港から市街地までのアクセスは事前交渉制のタクシー、トゥクトゥク、バイクタクシーなどがありますが、交渉が不安な場合などは宿泊施設の送迎を依頼すると良いでしょう。所要時間はおよそ15分です。

プノンペン国際空港 Phnom Penh International Airport(PNH)

距離:プノンペン市街地から西に7km

首都・プノンペン近郊に位置するカンボジア最大の空港、プノンペン国際空港は別名ポチェントン国際空港とも呼ばれています。現在日本からの直行便は就航しておらず、バンコク、ソウル、香港などでの乗り継ぎが必要となります。なおバンコクで乗り換えた場合の所要時間はおよそ1時間半、日本からだとおよそ10時間となっています。空港から市街地へのアクセスはバス、目的地までの料金を事前に交渉するタクシー、トゥクトゥクなどの利用が可能で、バスを利用した場合にはエアコンやトイレ、軽食などが用意されている場合が多いですが値段はその分高くなります。

カンボジア旅行お役立ちサイト

在日本国カンボジア王国観光省政府観光局 公式ページ

http://cambodiatourism.or.jp

カンボジア王国政府観光?省による公式ガイドです。人気で名所でもある観光スポット情報、お奨めレストラン、イベントなどのローカル情報が載っています。

MOFA外務省 海外安全ホームページ

http://www.anzen.mofa.go.jp/index.html

世界各地への渡航に必要なあらゆる情報、安全情報と重要な連絡先についての情報があります。

wikiトラベル・カンボジア

http://wikitravel.org/ja/カンボジア

ウィキペディアの旅行ガイド、ウィキトラベルには、より詳しい気候と旅行のアドバイス、アクティビティ別お奨めスポットなど、基本的な情報が詳しく載っています。

エクスペディアでは皆さまのご都合に合った航空券探しをお手伝いします。また、 航空券+ホテルのご予約の場合、さらにお得な価格でのご提供が可能です。カンボジアへの飛行機のチケットのご予約は、エクスペディアにお任せください。