カンボジア旅行ガイド

東南アジアの秘宝であるカンボジアは、歴史と文化の両局面において、驚くばかりの変遷を遂げてきました。古代クメール王朝の寺院、野生のジャングル、伝統美あふれる村落、目まぐるしく移り変わる都市など、意外な横顔がいく層にも折り重なり、訪れる人々を魅了しています。

カンボジアは東南アジアの魅惑的な旅の目的地です。モダンな大都市やメコン川沿いに広がる緑豊かな田園風景、そして息をのむようなタイ湾のビーチに交じって、古代クメール王朝時代の荘厳な遺跡が数多く残されています。目を見張るような寺院や感嘆すべき遺跡群、美しい山脈や緑が生い茂る国立公園を見に行ってみませんか。メコン川をクルーズして、活気に満ちたカンボジアの首都プノンペンに行くという方法もあります。カンボジアの過去を振り返り、激動の歴史とカンボジアの人々の不朽の精神に触れてみましょう。

トンレサップ川とメコン川の川岸に広がるモダンな都市、プノンペンを訪れてみませんか。フランス植民地時代の建築様式を眺め、青々としたリバーフロントを散歩しながら、色彩豊かなマーケットを散策するのも名案です。クメール王朝時代のアートを展示する国立博物館、王宮、そしてワットプノンの丘に建つ風光明媚な仏教寺院もおすすめです。チュン エク キリング フィールドでは、カンボジアの重苦しい歴史を目の当たりにすることでしょう。

カンボジアの東部には、国内でも最も美しい風景が広がります。カルダモン山脈のジャングルでハイキングを楽しみ、滝や巨大なマングローブ林の景観を満喫してください。コーコンシアヌークビルのビーチを訪れ、柔らかい白砂に横たわり、心ゆくまで開放感に浸ってみてはいかがですか。

プノンペンからトンレサップ川を北上して、シェムリアップに向かいましょう。この街はアンコール考古学公園内にある遺跡群の観光拠点になっています。クメール王朝時代の魅惑的な遺跡群の起源は 9 世紀に遡ります。アンコールワットを訪れたらツアーに参加して、数多くのヒンドゥー教の祠堂や壮麗な彫刻が施された尖塔をじっくり見学しましょう。遺跡の背後に沈む壮大な夕日は、心に焼きつくような美しさです。

ワイルドな自然を満喫したい方は、カンボジア東部のラタナキリ州まで旅を続けましょう。バンルンを拠点に、火山活動によって形成された火口湖のヤクロム湖や山岳地帯の国立公園、美しい滝や仏教の記念碑を訪れてみませんか。

クメール料理をぜひお試しください。甘味と酸味が調和した中に、ココナッツ ミルクのソースを加えた絶妙の味です。4 月にカンボジアを訪れて、3 日間続くクメールの正月を祝いませんか。

飛行機をご利用の場合は、プノンペン国際空港とシェムリアップ空港経由でカンボジア入りします。タイ、ベトナム、ラオスからは、車やボート、バスなどでカンボジアに入国することもできます。市内観光には、タクシーまたはトゥクトゥク三輪自動車をご利用いただけます。5 月から 10 月のモンスーン シーズンを避けて訪れることをおすすめします。


カンボジア旅行ガイド


カンボジア旅行を予約



世界中の旅行ガイドを探す