パラワンへの格安航空券

表示料金は過去 7 日間に公開された料金で、特定の期間における 1 名あたりの往復航空券の料金です。料金と空き状況は変更される場合があります。別途、利用規約が適用されます。

" MNL マニラ から PPS プエルト プリンセサ ¥10,765 "

" CEB セブ から PPS プエルト プリンセサ ¥16,351 "

" CRK アンヘレス シティ から PPS プエルト プリンセサ ¥37,500 "

" DVO ダバオ から PPS プエルト プリンセサ ¥41,200 "

" ICN ソウル から PPS プエルト プリンセサ ¥50,380 "

" HKG 香港 から PPS プエルト プリンセサ ¥60,710 "

" SIN シンガポール から PPS プエルト プリンセサ ¥69,940 "

" KIX 大阪 から PPS プエルト プリンセサ ¥80,210 "

" NGO 名古屋 から PPS プエルト プリンセサ ¥81,440 "

" HND 東京 から PPS プエルト プリンセサ ¥82,450 "



パラワン詳細

フィリピン南西部にある美しい自然に恵まれた島、パラワン島。「フィリピン最後のフロンティア」と言われるこの島には、まだ手つがずの豊かな自然があり、他では見られないような珍しい生物も生息しています。透明度の高い綺麗な海でのスキューバダイビングやシュノーケリングはたまりません。もちろんビーチに寝転び、エメラルドグリーンの海を眺めるのも最高のひととき。世界自然遺産に登録されているトゥバタハ リーフ海中公園は、東南アジア最大の珊瑚礁と、珍しい海洋生物が見られる人気のスポットです。北部にあるエルニドは50もの小さい島々からなっており、そのほとんどが大理石でできています。フィリピンでも最も豊かな生態系を持つと言われており、200種を超える魚や珊瑚が生息しています。ジンベイザメやマンタに遭遇することもあり、ダイバー注目の地です。その美しい珊瑚礁と白い砂浜は、毎年多くの観光客を魅了しています。

パラワン島のベストシーズン

ハイシーズン

乾期である12月から5月頃がパラワン島のハイシーズン。1月から3月は日差しも強く、気温も上がりますが、日光を浴びながら海を満喫したい方にはおすすめ。また、トゥバダハ・リーフ海中公園は3月から6月しか開園していないので、この時期を逃さないようにしましょう。

ローシーズン

6月から11月までが雨期になります。しかし雨期と言っても、日本の梅雨のように一日中雨が降り続くことはなく、短時間降ってすぐ止むのがフィリピンの雨期。しかし台風が接近する時期は気をつけるようにしましょう。年間平均気温は27度ですが、雨期は少し冷えることもありますので、薄い上着を持っていくのもお忘れなく。

パラワン島への行き方

プエルト プリンサ国際空港

パラワン島最大の空港であるプエルト プリンサ国際空港へは、マニラがセブから国際線を乗り継いて行くことができます。またエルニドに直行したいという方は、マニラからエルニドのリオ空港へ。シーエア、またはリゾートの専用機を利用し、約1時間30分ほどで到着です。また、プエルト プリンセサからエルニドには夏はバスが運行しており、所要時間は約9時間です。現地での移動はバス、自転車、三輪車が交通手段です。

パラワン島旅行お役立ちサイト

http://www.premium-philippines.com/index.html

フィリピン政府観光局の公式ウェブサイト。フィリピンの歴史や文化、郷土料理などの基本情報から、観光に便利なエリア情報など、フィリピンに関する様々な情報が記載されています。旅行前にフィリピンの情報を得るならこのウェブサイトへ。

http://wikitravel.org/ja/パラワン島

フィリピンについてのウィキトラベル。ウィキペディアの旅行ガイド、ウィキトラベルには、より詳しい気候と旅行のアドバイス、アクティビティ別お奨めスポットなど、基本的な情報が詳しく載っています。

エクスペディアでは皆さまのご都合に合った航空券探しをお手伝いします。また、 航空券+ホテルのご予約の場合、さらにお得な価格でのご提供が可能です。パラワン島への飛行機のチケットのご予約は、エクスペディアにお任せください。


パラワンを探索する

エクスペディアならパラワンへの航空券とホテルを同時予約でさらにお得に!レンタカーや現地オプショナルツアーもお任せ下さい。