本文のトップ
旅行タイプ
フライト 1
フライト 2
フライト 3
フライト 4
フライト 5
ホテル選択からスタート!
ホテル選択からスタート!
ホテル選択からスタート!

ホバート旅行ガイド

かつて流刑地だった水辺の都市ホバートは今、世界中の美食家と自然愛好家を魅了する、タスマニアの文化の中心地として栄えています。

タスマニアの首都ホバートは、歴史の深い街です。1804 年にイギリス人が入植すると、ホバートには大量の犯罪者や兵士が移り住み人口の大半を占めるようになりましたが、その後、捕鯨業と造船業を背景に街は徐々に発展していきました。街中に立つジョージ王朝様式、ビクトリア王朝様式、エドワード王朝様式の建築物や、砂岩でできた倉庫、1818 年に作られた王立タスマニア植物園などは、2 つの産業の発展によってもたらされた富の遺産です。

ホバートの市街地は、最初に開拓されたダーウェント川のサリバンズ コーブ沿いに位置し、バス、自転車または徒歩で簡単に周遊することができます。土曜日には、街の中心地から無料シャトルバスのホバート ホッパーに乗って、サラマンカ プレースのマーケットに繰り出しましょう。数えきれないほどの人が訪れるここのマーケットでは、洋服、工芸品、美術品、おいしい食べ物、地元でとれた農産物を買うことができます。また、サラマンカ プレースはアートの中心地でもあり、ギャラリーや劇場では毎日何かしら催し物を楽しむことができます。

流刑者が食べていた質素な食事の面影はなく、今ホバートではオーストラリアで最も独創的な料理を食べることができ、地元で作られた農産物やビール、ワインは、国内はもちろんアジア太平洋の国々で高く評価されています。

また、観劇も盛んで、2 つの歴史のある劇場では 1 年を通して劇、オペラ、音楽の生演奏、キャバレーが上演されます。シアター ロイヤルでは見学ツアーが行われているので、ぜひご参加ください。ローレンス・オリヴィエやヒューゴ・ウィーヴィングなど、ここの舞台を彩った名優について学ぶことができます。

街の歴史が垣間見られるタスマニア博物・美術館も必見です。タスマニアに暮らす先住民の工芸品や物語、それに展示品を通して、彼らの生きた文化に触れることのできる興味深い場所です。先住民族と初期開拓者たちとの間で起こった悲惨な戦いや、それ以降先住民族がタスマニアで送った暮らしぶりについて、じっくりと学びましょう。

年代物のフェリーにのって、絶景が広がるダーウェント川をクルーズするのもおすすめです。ホバートの海とのかかわりについて知りたければ、タスマニア海洋博物館に向かいましょう。刺激的で独創的な作品が見られることで世界的に知られている、ミュージアム オブ オールド アンド ニュー アート (MONA) にもフェリーで行くことができます。

自然を満喫したければ、ウェリントン山に登ってみてはいかがですか。ハイキング コースやサイクリング コースをたどった先には、ホバートの街全体とダーウェント川が一望できるすばらしい景色が広がっています。ホバートの郊外の海岸と川沿いに敷かれたウォーキング コースは、美しい夕日が眺められる絶景ポイントです。ぜひ歩いてみてください。


ホバート旅行ガイド


人気の航空券の割引情報

表示料金は過去 7 日間に公開された料金で、特定の期間における 1 名あたりの往復航空券の料金です。料金と空き状況は変更される場合があります。別途、利用規約が適用されます。