コルシカ旅行ガイド

国としてはフランスに属し、歴史的にはイタリアの遺産を受け継ぎ、独立の気風が強いコルシカ島。リゾートの島でありながら、中世の城塞を有した山岳の景色も見られます。

コルシカ島で標準的なリゾートの休暇を過ごすことは難しくありません。ビーチやダイビングスポットのほか、U字型の入り江も海岸沿いに多数あります。ただし、独特な内陸の地勢がコルシカを特徴付けています。島のちょうど中心部から山間地が広がり、美しい峰々、巨大な渓谷、そして沿岸部の白い崖と赤い岩が特徴的な地形を生み出しています。島の両端にある城塞都市の間を探索して、島の地勢を観察してはいかがでしょうか。

アジャクシオは島の主要な街で、コルシカで最も美しい海岸線が広がるエリアの近くにあります。ナポレオンが生まれてから 9 年間を過ごしたナポレオンの生家 (メゾン ボナパルト)など、歴史的な見所をめぐりましょう。ボートツアーを予約して海岸線を北上し、オレンジ色の奇岩やピアナのカランクの崖を眺めることもできます。近くにあるスカンドラ自然保護区の崖の辺りでは、ダイビング用のボートも運航しています。

アジャクシオから、中央部の山地にある内陸の町コルトまで車で行ってみましょう。18 世紀にコルシカが本土から独立していた 14 年間、コルトは島の首都でした。コルトのメインの広場には、コルシカ独立運動の指導者パスカル・パオリの像があります。内陸部のコルシカ名物もお試しください。野生のイノシシのハムや、ヒツジのミルクのチーズなどが有名です。山間部のコルシカ地方自然公園ではハイキングを楽しむこともできます。

コルシカで最も人気があるビーチは島の南側にあります。サンタ ジュリア ビーチの入り江で泳いだり、長く続くパロンバッジア ビーチで赤い岩の間を歩いたりしてみましょう。

コルシカはフランスに属していますが、地理的にはイタリアの海岸により近く、過去の歴史の大半はジェノバに属していました。このため、島での公用語はフランス語ですが、イタリア語や、イタリア語に似たコルシカ語をよく耳にします。

コルシカを訪れるにはアジャクシオまで飛行機を利用するか、フランスもしくはイタリアからフェリーに乗り、島の港を目指しましょう。島内の公共交通機関は限定的なので、レンタカーを借りて山間部とビーチの間を移動するとよいでしょう。


コルシカ旅行ガイド


コルシカ旅行を予約



世界中の旅行ガイドを探す