ビッグ キャット レスキュー

ライオン、トラ、ヒョウの咆哮 (ほうこう) が響くこの動物保護施設では、引き取り手がいなかったり、虐待を受けたりした外国種の大型ネコ科動物を保護、飼育しています。

ビッグ キャット レスキューは、大型ネコ科動物の保護に特化した世界最大規模の動物保護施設です。虐待や遺棄をへた動物たち、退役した興行動物に終 (つい) のすみかを与える施設で、18 ヘクタール (45 エーカー) の敷地に 12 種類以上、100 頭超のネコ科動物 (ライオン、トラ、ヒョウ、オセロット、アメリカライオン) が暮らしています。

動物の見学はガイド付きツアーに限定されており、曲がりくねった順路をたどりながら、ネコ科動物たちのすみかを一つひとつ回ります。アメリカライオンが遊ぶ様子を観察したり、日差しを浴びながら伸びをするライオンの写真や動画を撮りましょう。大型ネコ科動物の習性について学び、ここの動物たちが過酷な環境から救い出された経緯を知りましょう。

ツアーは種類豊富で、1 時間ツアーと半日ツアーがあり、エサやりツアーでは大型ネコ科動物が飼育員からエサをもらう様子を観察できます。毎月最終金曜日の夜だけ特別に催行される夜間ツアーでは、動物たちのそばでディナーを楽しめます。土曜日や日曜日には 10 歳未満の子どもだけが参加する「キッズ ツアー」もあります。ツアーの全種類、スケジュール、制限事項については、ビッグ キャット レスキューの公式 Web サイトでご確認ください。

長時間の歩行が困難な方のために、少数ながら有料の貸ゴルフカートが用意されています。

ビッグ キャット レスキューは、オーナーがペットのボブキャットを探していた 1992 年に開設されました。オーナーたちは、毛皮の採取を目的とした大型ネコ科動物の飼育業者を偶然知り、56 頭の幼獣を殺戮 (りく) から保護するため買い取りました。この保護施設は、動物たちに良質なすみかを与えること、野生の大型ネコ科動物や捕獲獣の運命について広く一般に知らしめることの 2 つを使命としています。

ビッグ キャット レスキューの休園日は、毎週木曜日と感謝祭の日 (11 月の第 4 木曜日) とクリスマス (12 月 25 日) です。この保護動物施設は車ならタンパ国際空港から約 15 分、オーランドーや ウォルト ディズニー ワールド リゾートから約 75 分。駐車場は無料です。


タンパの観光スポット


近郊のホテル

ビッグ キャット レスキューに一番近い人気ホテル トップ 10


おすすめのホテル

ビッグ キャット レスキュー周辺で最も人気のホテル

ビッグ キャット レスキュー周辺のホテルをすべて表示