ポンディシェリ旅行ガイド

かつてフランスの植民地だった海沿いの街ポンディシェリには、幅の広い道路や日陰の石畳沿いに植民地時代の風情をとどめた建物が並び、ヨーロッパを感じさせる雰囲気があります。 

海辺の空気を満喫しながらポンディシェリの街路を一周し、カフェに入ると、フランスの菓子パンを焼く甘い香りに包まれます。活気と喧騒に満ちた都市が多いタミル地方を旅した後は、「ポンディ」のたたずまいにオアシスめいた癒やしさえ感じられます。

2006 年に元どおりタミル語の「プドゥセリ」と改名されましたが、ポンディシェリの名は、今でも広く使われています。18 世紀半ばから 200 年の長きにわたり仏領インド最大の都市として栄え、当時のポンディシェリは、地中海沿岸と言っても違和感を覚えさせないような街でした。

ポンディに残るフランスの影響は、インディアン ナショナル トラスト フォー アート アンド カルチュラル ヘリテージ (INTACH) 催行のガイド付き散策ツアーに参加するとよくわかります。1 時間の「ヘリテージ トレイル」ツアーでは、自力で再訪できるようメモを取りながら進むのがおすすめです。ガンジー像ロマン・ロラン図書館ポンディシェリ博物館フレンチ インスティテュート オブ ザ ファー イースト天使のマリア大聖堂など、多数の名所をカバーできます。ガイド付きツアーの出発地は、英語版の地図が手に入る観光案内センターです。自分のペースで回りたい場合は、この地図を片手に自由散策しましょう。

「ヘリテージ トレイル」で鑑賞できる建物には、世界に名だたるスリ アーロービンドー アシュラムがあります。 このアシュラム (修行場) は、哲学者、詩人として活躍したスリ・アーロービンドー・ゴースが 1926 年に設立したもので、ゴースは、ここでヨガをベースにした哲学思想を形成しました。このアシュラムの中央事務所に連絡を取れば、宿泊やガイド付きツアーを手配できます。

年間を通じて暖かい気候が続くため、ポンディシェリ ビーチは、いつ旅行しても魅力的な場所の 1 つです。海に面した植民地時代の家並みを眺めながら、海岸通りを散策し、ぬれた体を乾かしましょう。中心市街の植物園では、木陰の涼しさと静けさの中、ほっとする時間を過ごせます。

ポンディシェリは、チェンナイから 3 時間ほど南下した場所にあり、周辺都市とつながる道路網、鉄道網が発達しています。ヨーロッパ文化とタミル文化が見事に調和した街、海岸都市ならではの美しいビーチ、穏やかな雰囲気を満喫できるポンディ旅行をお楽しみください。


ポンディシェリ旅行ガイド


ポンディシェリ旅行にオススメのホテル

ポンディシェリのホテルをすべて表示
1.0 5.0 段階中
1.5 5.0 段階中
2.0 5.0 段階中
2.5 5.0 段階中
3.0 5.0 段階中
3.5 5.0 段階中
4.0 5.0 段階中
4.5 5.0 段階中
5.0 5.0 段階中
旅行者に最も人気の高いツアー
[originCity] の旅行者に最も人気の高いツアー

お得なポンディシェリツアー(航空券+ホテル)

ポンディシェリへのすべてのツアーを見る

ポンディシェリ旅行を予約