国立台湾博物館

人類学、地球科学、貿易にまつわる膨大な文化的資料や展示品を通して、台湾の国民的遺産に触れてください。

国立台湾博物館は、台湾の国家遺産を生み出してきた重大な出来事を紹介する重要な施設です。人類学、地球科学、動物学、植物学、教育の 5 つのセクションを通して、この国の自然と人間の発展について学ぶことができます。

1908 年に創設された、台湾で最も古い歴史を持つ博物館です。柱の並んだ入口とドーム型の屋根が特徴の古代ギリシャのドリス様式を取り入れた建築で、立派な中央ホールにはロマネスク様式の柱と大理石の床が使用され、円形天井には美しいステンドグラスがはめ込まれています。3 階には台湾の近代化に貢献した日本政治家の児玉源太郎と後藤新平の像が飾られています。元々、この博物館は台湾の南北を結ぶ鉄道の開通を祝して作られました。

人類学に関する台湾最大のコレクションを鑑賞し、動物資源や維管束植物、藻類や微細藻類、生物学的多様性など幅広い題材について学びましょう。先史時代の円山文化の遺産も展示されています。康熙台湾輿圖 (古地図)、鄭成功の肖像画、青地に黄色い虎が描かれた台湾民主国の国旗の 3 点は、この博物館で最も貴重な歴史的資料です。

本館の隣の台博館土銀展示館にも忘れずに足を運んでください。巨大な恐竜の骨を見たり、台湾の金融および経済の歴史について学んだりすることができます。

国立台湾博物館は、教育と研究に力を入れていて、特に台湾先住民族や漢民族の文化を重点的に取り上げています。教育プログラムに参加したり、さまざまな展示品に関する刊行物を読んだりしましょう。

博物館を見学したあとは、二二八和平公園でのんびりとお過ごしください。この公園には二二八紀念碑と二二八紀念館があり、公園の歴史や 1947 年 2 月 28 日に勃発した暴動について学ぶことができます。今は平和で静かなこの公園で、過去の出来事に思いをはせましょう。

国立台湾博物館は、火曜日から日曜日までの昼間に営業しています。博物館に行くには、MRT の台大病院駅で降りてください。


台北の観光スポット


近郊のホテル

国立台湾博物館に一番近い人気ホテル トップ 10


おすすめのホテル

国立台湾博物館周辺で最も人気のホテル

国立台湾博物館周辺のホテルをすべて表示