ゲティスバーグ旅行ガイド

ゲティスバーグは、南北戦争で最も重要な戦いが繰り広げられた場所。現在は、再現や遺物を通してこの戦いについて詳しく学べるようになっています。

1863 年のゲティスバーグの戦いは、3 日間で南北戦争のゆくえを大きく変えた歴史の転換点でした。今ゲティスバーグを訪れると、この戦いに関連する古戦場めぐり、博物館見学、再現劇の舞台公演を楽しめます。

まずは歴史あるダウンタウン地区を南に出てすぐのゲティスバーグ国立軍事公園、ビジターセンターを訪れましょう。スタッフの協力を得て観光スケジュールを作り、国中から集めた展示物、戦闘にまつわる遺物を見学できるほか、認定戦場ガイドを雇うと、詳細まで掘り下げたツアーが可能です。中でも必見なのは、サイクロラマの絵です。これはくだんの戦闘風景を 360 度の円筒の内側に描いた 1880 年代後半の作品の修復版で、音響や照明の効果が付き、この絵やこの戦闘自体の歴史がよくわかる展示となっています。

アメリカン シヴィル ウォー ミュージアムでは、気の向くままに見学して独立戦争時代のこと、ゲティスバーグの戦いのことを知ることができます。実物大の模型とジオラマを通じて、勃発の原因と影響、アメリカ史の最重要人物たちについて学びましょう。

戦場の話をひとまずおき、違う見どころを楽しむなら、ダウンタウンのリンカーン広場に移動し、美術品や開拓時代、アメリカ先住民族、植民地時代の作品を見てはいかがでしょうか。ゲティスバーグ マジェスティック シアターで舞台公演を鑑賞したり、映画祭の受賞作品、ドキュメンタリー映画、自主製作映画を見たりするのもおすすめです。

ディナーにするなら、ダウンタウンの街路を歩いてみると、音楽の生演奏やアイルランド フェアを打ち出しているレストランがたくさん見つかります。あるいは、きちんと予約してドビン ハウス タバーンに行く手もあります。この店はゲティスバーグ随一の歴史ある建物で、エイブラハム・リンカーンがあのゲティスバーグ演説をした場所を見下ろす位置にあり、現在は 1776 年開業の食堂として営業しています。

もう少し現代風に楽しむなら、ロバート E.リー将軍の司令部跡に近いセミナリー リッジで小規模生産の地ビールと高級パブ料理に舌鼓を打ちましょう。


ゲティスバーグ旅行にオススメのホテル

ゲティスバーグのホテルをすべて表示
1.0 5.0 段階中
1.5 5.0 段階中
2.0 5.0 段階中
2.5 5.0 段階中
3.0 5.0 段階中
3.5 5.0 段階中
4.0 5.0 段階中
4.5 5.0 段階中
5.0 5.0 段階中
旅行者に最も人気の高いツアー
[originCity] の旅行者に最も人気の高いツアー

お得なゲティスバーグツアー(航空券+ホテル)

ゲティスバーグへのすべてのツアーを見る

ゲティスバーグ旅行を予約