チェンナイ旅行ガイド

林立する寺院、植民地時代の遺跡や記念碑、豊かな食文化、頻繁に開催されるフェスティバルを一度に堪能できるチェンナイは、南インドの伝統を守ってきた芸術と宗教の街です。

植民地時代の遺跡、寺院、種類豊富な料理と芸術など、多彩な魅力が待つチェンナイ (旧マドラス) は、1639 年にイギリスの交易拠点となりました。インド南東部に位置するタミル ナードゥ州の州都として栄え、現在インドで 4 番目の大都市ながら、気さくで親切な土地柄は親しみやすく、タミル文化を代表する魅力をいろいろと体験できます。

細い通りや路地が入り組み、伝統的なシルクやスパイスの店が市場を形成するジョージ タウンは、昔からチェンナイの中枢でした。赤いサンドストーンで造られた高等裁判所は、思わず見とれてしまう美しさ、18 世紀に建てられたアルメニア教会は、インド最古の教会です。イギリスがインドに初めて建設した要塞、セント ジョージ要塞は、併設の博物館でチェンナイの歴史を学べます。

マドラス博物館 (ガバメント ミュージアム) へはリキシャに乗って出掛けましょう。イギリス統治時代の建物を数棟使った総合博物館で、古代のブロンズ像、骨格標本やはく製が展示されています。国立美術館 (ナショナル アート ギャラリー) には、ラヴィ・ヴァルマなど、インドの代表的画家たちの作品があります。

活気あふれる街路が続くトリプリケーンに 8 世紀から伝わるパルタサラティ寺院は、心に残る名さつです。朝日、夕日の名所、マリーナ ビーチでは、散策のほか、クリケットの試合やたこ揚げに興じる人々、占い師や屋台など、さまざまな楽しみがめじろ押しです。 

ポルトガルの影響が色濃いマイラポール近郊も見逃せません。キリストの使徒、聖トマスの墓の上に建てられたというサン トメ聖堂の白い輝きを目に焼き付け、カパレーシュワラ寺院で、ピラミッド型をした典型的ドラヴィダ様式建築を眺めましょう。

チェンナイに息づくタミル文化の華、ダンスと音楽を楽しむなら、12 月から 1 月にかけて開催されるマルカジ祭が人気です。日常生活に組み込まれた美術工芸品を膨大に集めたルクミニ・デヴィ博物館もお忘れなく。おいしいタミル料理は、市内随所で味わえますが、スパイシーなチェティナード ペッパー チキンやベジタリアン向け郷土料理は特におすすめです。

チェンナイの蒸し暑さは有名ですが、電車、バスの便が発達し、主要な国際航空もある国内 / 国際交通の要であるため、数日間市内観光を楽しんだ後、多くの旅行者にならって近くのビーチ リゾートや涼しい高台の名所に移動するのも簡単です。


チェンナイ旅行ガイド


チェンナイ旅行にオススメのホテル

チェンナイのホテルをすべて表示
1.0 5.0 段階中
1.5 5.0 段階中
2.0 5.0 段階中
2.5 5.0 段階中
3.0 5.0 段階中
3.5 5.0 段階中
4.0 5.0 段階中
4.5 5.0 段階中
5.0 5.0 段階中
旅行者に最も人気の高いツアー
[originCity] の旅行者に最も人気の高いツアー

お得なチェンナイツアー(航空券+ホテル)

チェンナイへのすべてのツアーを見る

チェンナイ旅行を予約