ストラスブール旅行ガイド

フランスのアルザス地方にあるこの街は、世界的に有名なワイン、素晴らしい建築、美しい公園、盛況な料理の世界などが揃うことで知られています。

ストラスブールでは、歴史的な建築のほか、この地方でも屈指のレベルを誇る料理、世界的に有名なワインなどをお楽しみください。

現代のストラスブールは、中世の街並みが残る歴史地区、博物館や美術館、受賞暦のあるレストランなどがその特徴となっています。通りは平坦で歩くのも楽なことから、街の中での移動も簡単です。または、自転車をレンタルして市内のサイクリング コースを周ることもできます。こうしたコース網としてはフランス最大の規模となっています。

グラン ディル (大きな島の意) は、ストラスブールの歴史的中心地で、イル川に囲まれています。1998 年には、街の一区域全体としては初めて世界遺産に登録されました。イル川にはいくつもの橋がかかり、グラン ディルとその他のエリアをつないでいます。グラン ディルには、ゴシック様式のストラスブール (ノートルダム ド ストラスブール) 大聖堂や、街で最も有名な建物のひとつ、カメルツェル ハウス (メゾン カメルツェル) など、主要な見どころがあります。プティット フランス地区もお見逃しなく。このエリアは、水位ぎりぎりにある通り沿いに木骨造りの家々が並ぶ景色で有名です。近くにあるヴォーバン ダムでは、ストラスブールの街並みと水路の眺望が楽しめます。午後には、オランジュリー公園やシタデル (城砦) 公園などで庭園を散策してはいかがでしょうか。 

ストラスブールの商業地区の中心にあるクレベール広場は、行き交う人々や、何世紀もの歴史をもつ古い建築を眺めたりするのに格好のスポットです。ストラスブールは、ローマ人によって紀元前 12 年に設立されました。19 世紀と 20 世紀の間は、1944 年にルクレール将軍によって解放されるまで、フランスとドイツに交互に占領された歴史があります。

アルザス地方の文化については、アルザス博物館で学ぶことができます。近代 現代美術館では、モネやピカソの作品が鑑賞できます。若い世代には、ル ヴェソー科学技術博物館の体験型展示もおすすめです。ストラスブールの美術館や博物館は、毎月第 1 日曜は入場無料となります。

ストラスブールでは、料理に関してもフランスとドイツの良さが引き出されています。伝統的な料理が食べられるレストランが数多くありますので、シュークルート ガルニ (肉などを加えたザウアークラウト) 、ベッコフ (野菜と一緒にマリネして最低でも 3 時間調理された肉料理) といった郷土料理を、地元で作られたワインと一緒に味わってみましょう。


ストラスブール旅行ガイド


ストラスブール旅行にオススメのホテル

ストラスブールのホテルをすべて表示
1.0 5.0 段階中
1.5 5.0 段階中
2.0 5.0 段階中
2.5 5.0 段階中
3.0 5.0 段階中
3.5 5.0 段階中
4.0 5.0 段階中
4.5 5.0 段階中
5.0 5.0 段階中
旅行者に最も人気の高いツアー
[originCity] の旅行者に最も人気の高いツアー

お得なストラスブールツアー(航空券+ホテル)

ストラスブールへのすべてのツアーを見る

ストラスブール旅行を予約