スミス フォールズ旅行ガイド

米国との戦争の可能性をはらみながら、水上運送が活況を呈し、歯科医が電車に乗って郊外に往診に行く、そんな 19 世紀のオンタリオ州の名残を色濃く残す町です。

スミス フォールズは、オンタリオ州のリドー運河沿いの小さな町です。ユネスコの世界遺産に登録された、今なお利用されているこの 19 世紀の運河は、オタワオンタリオ湖北岸のキングストンを結んでいます。スミス フォールズはこの運河の中心にあり、年代物のボート用水門や、歴史のあるウォーターフロントの倉庫街、運河関連の博物館などが見所です。

最初に運河を見に行ってみましょう。スミス フォールズのエリアには、ボート用の水門が運河に 5 つ点在していて、それぞれ違った特色があります。そのうちの一つコンバインド ロック (水門) はスミス フォールズ内で最も高さがあり、市街中心部の近くにあります。趣のあるレンガのデザインにご注目ください。この運河はもともと 1830 年代に、アメリカとイギリスの間に戦争が起こった場合に必需品運搬を助ける目的で開設されました。

コンバインド ロックのすぐ北にあるリドー運河ビジターセンターでは、リドー運河の歴史について詳しく知ることができます。もともとの軍事的目的や、想定された英米戦争が現実には起こらず運河の使用目的が変化した結果、オンタリオ州の歴史上で実際に果たした役割がどのようなものであったかを学びましょう。

オールド スライズ ロック (水門) にはヘリテージ ハウス博物館があり、さらに歴史に触れることができます。かつて製粉所の所有者の家だった建物が、19 世紀の様式そのままに保存されています。このビクトリア様式の住まいの中を歩き、当時の遺物を見学しましょう。

運河のみならず鉄道も、スミス フォールズの発展において重要な役目を果たしました。町の西側にあるディタッチド ロック (水門) には古い鉄道橋があり、イースタン オンタリオ鉄道博物館もあります。博物館では古い車両の中に入れるだけでなく、古い車掌車での宿泊予約も可能です。中でも「デンタル カー」は必見です。これは歯科医を運ぶための寝台車で、カナダの田舎で子供たちの歯科検診を行うために利用されました。

スミス フォールズの郊外へは、水陸両方から出かけることができます。足漕ぎボートで運河を進み周辺の森へ向かったり、自転車をレンタルして 93 km (58 マイル) のループを走ったりしてみましょう。

スミス フォールズはオタワから車で 1 時間の距離です。古い運河の町であることを考えれば、車ではなくフェリーで訪れるのが最もふさわしいかもしれません。


スミス フォールズ旅行ガイド


スミス フォールズ旅行にオススメのホテル

スミス フォールズのホテルをすべて表示
1.0 5.0 段階中
1.5 5.0 段階中
2.0 5.0 段階中
2.5 5.0 段階中
3.0 5.0 段階中
3.5 5.0 段階中
4.0 5.0 段階中
4.5 5.0 段階中
5.0 5.0 段階中
旅行者に最も人気の高いツアー
[originCity] の旅行者に最も人気の高いツアー

お得なスミス フォールズツアー(航空券+ホテル)

スミス フォールズへのすべてのツアーを見る

スミス フォールズ旅行を予約