キプロス旅行ガイド

ギリシャとローマの遺跡が眠る地中海の島。現在は、ギリシャ系住民とトルコ系住民が暮らしています。

キプロス島は、何世紀もの間、東西の帝国に代わる代わる支配されてきました。現在、この島は、北東部がトルコ系住民の地域、南西部がギリシャ系住民の独立国家に分断されています。入り組んだ歴史を持つキプロスには、遺跡のほかにも、何世紀も昔のギリシャ、ローマ、トルコの建造物が数多く、地中海の素晴らしいビーチとマリンブルーの海、楽しみがいっぱいのリゾートタウンなど、見どころがたくさんあります。

キプロス南西部には、人気のビーチがいくつもあります。プロタラスフィグ ツリー ベイ ビーチは、沖に小さな島があり、穏やかな海が特徴です。近くにあるコノス ベイ ビーチも、小さくて入り江が狭く、波が穏やかな素晴らしいビーチの 1 つ。アヤ ナパの東にある半島の南岸に行くと、砂岩でできた低い崖に沿って海食洞をいくつも見ることができます。日が沈んだらアヤ ナパへ。島で最も活気あふれる街の 1 つとして有名です。

島の西部には、有名な歴史的名所がいくつもあります。西海岸のパフォスは遺跡が多く、街全体がユネスコ世界遺産に登録されています。紀元前 3 世紀の王家の墓は必見。この広い墓地遺跡には、かつて古代の貴族たちの墓が安置されていました。また、海辺にあるアフロディーテ ロックもおすすめ。女神アフロディーテが生まれた場所として知られる巨岩です。キプロスの南岸にあるリマソールは、ぜひ訪れたい街の 1 つ。この街の西にある古代都市クリオンの遺跡は、保存状態もよく、グレコローマンの劇場と 5 世紀のバシリカが有名です。

島の内陸にある首都ニコシア (レフコシャ) には、キプロスを 2 つの国に分断しているグリーン ライン (緩衝地帯) があります。EU や米国の市民は自由に通行していますが、基本的にビザの申請が必要です。街には、砂岩でできた古代の壁に囲まれた歴史地区があり、散策におすすめ。また、グルメ レストランがたくさんあり、キプロス料理が味わえます。

地中海の歴史豊かな島キプロスを巡るには、ラルナカまたはパフォスの国際空港が便利です。


キプロス旅行ガイド


キプロス旅行を予約



世界中の旅行ガイドを探す