キャッスルガー旅行ガイド

2 本の川が合流する地点にある山あいの町は、かつてロシア系移民の居留地となっていた場所で、ハイキングやサイクリングのコースが充実し、美しい渓谷の景色が望めます。

セルカーク山脈の渓谷に位置するキャッスルガーからは、ブリティッシュ コロンビア州とアメリカ合衆国との国境に近い、低い山々へのアクセスが良好です。トレイルの起点は町の中にあり、州立公園までは車ですぐです。大自然の中に乗り出す前に、この小さな町の歴史に触れてみましょう。ここには、19 世紀のロシアの宗教移民ドゥボール (英語ではドゥーコボール) 派の居留地としての長い歴史的遺産があります。

キャッスルガーは、コロンビア川とクートニー川が合流する地点のすぐ横にあります。3 km (2 マイル) ほどの道をブリリアント展望台まで登り、2 本の川が流れる谷の様子を見下ろしてみましょう。途中、ヘラジカやエルクの姿を探してみてください。キャッスルガーの田舎ではよく見られる動物です。

周辺の田園地帯をさらに見て回るには、自転車をレンタルするとよいでしょう。キャッスルガーは、20 世紀の中頃に鉄道の町として開かれました。現在では、古い線路の多くが自転車のトレイルとして利用されています。たとえばコロンビア アンド ウェスタン レイルウェイ トレイルを走ると、渓谷の西側の頂上地点まで緩やかに登っていくことができます。途上には、900 m (2,950 フィート) のカーブを描くブルドッグ トンネルなど、いくつかのトンネルを通ります。

キャッスルガーが設立されたのは 1966 年ですが、それ以前にもドゥホボール (ドゥーコボール) 派の人々の居留地となってきました。ドゥーコボール ディスカバリー センターには、ロシアから移住してきた人々の道具や芸術作品など 1,000 点以上が展示されており、ドゥホボール (ドゥーコボール) 派の歴史に触れることができます。キャッスルガー博物館には、より最近の遺物が収蔵されています。新聞を数多く収蔵したアーカイブなどを通じて町の歴史を学びましょう。

キャッスルガーから車で郊外へ向かうと自然公園がいくつもあり、そのうちの一つがシリンガ クリーク州立公園です。この公園は町から車で 25 分ほどの距離にあり、山あいのアロー湖に沿って広がっています。アロー湖はグレイシャー国立公園の中まで長く伸びています。イエロー パイン ナチュラル トレイルを歩いて、湖を見渡せる丘の中腹にある展望台に行くことができます。

キャッスルガーへは、バンクーバーから飛行機に乗るか、東に 8 時間ほどドライブしてお越しください。小さな町ではありますが、バンフやグレイシャーといった国立公園へ向かう絶好の足がかりとなります。


キャッスルガー旅行ガイド


キャッスルガー旅行にオススメのホテル

キャッスルガーのホテルをすべて表示
1.0 5.0 段階中
1.5 5.0 段階中
2.0 5.0 段階中
2.5 5.0 段階中
3.0 5.0 段階中
3.5 5.0 段階中
4.0 5.0 段階中
4.5 5.0 段階中
5.0 5.0 段階中
旅行者に最も人気の高いツアー
[originCity] の旅行者に最も人気の高いツアー

お得なキャッスルガーツアー(航空券+ホテル)

キャッスルガーへのすべてのツアーを見る

キャッスルガー旅行を予約