プネー旅行ガイド

寺院に植民地時代の影響を色濃く残すコロニアル様式の建物、そしてヒンドゥー教のアシュラム…インドの魅力を満喫しつくしたい方にぴったりの街、プネー。

植民地時代を彷彿とさせるコロニアル様式の建物に、古代寺院、そして緑豊かな郊外から荘厳なヒンドゥー教のアシュラムまで、プネーには古代インダス文明から脈々と息づくインドの伝統文化と現代が見事に調和しています。ムーラ川およびムータ川沿いに位置するプネーの街中を歩きまわるだけで、ブラフミン ペーシュワーからイギリス植民地時代までの何世紀にも遡るインドの歴史を、そこかしこに実感することができます。

プネーはまた、ニューエイジの神秘思想家として知られるバグワン シュリ ラジニーシの信者たちが、数多く数多く訪れる街としても有名な土地。ラジニーシの教えに興味のある人は、是非美しい池と滝で知られる日本風庭園オショウ テース ガーデンズを訪れて、瞑想の一時を過ごしてみましょう。もしかしたら、悟りが開けるかも ? !シュラムや庭園で有名なコレガアン パーク周辺は、プネー市内でも特に緑の美しい一画として知られており、数多くのカフェやレストランがあることでも人気です。

このほかにも、プネー市内には他では見られない見どころがたくさん。道路が狭い旧市街へは、是非人力車に乗って出かけてみましょう。旧市街ならではの、歴史的建造物や文化遺産の数々にびっくりすること請け合いです。この地域独特のハベリ風家屋の佇まいや、伝統的なバザールの眺めがお楽しみいただけます。

18 世紀に建てられたシャニワルワダ宮殿を訪れたら、その城壁からプネー市内を眺めてみましょう。宮殿内では、その歴史を物語る光と音楽のショーも開催されています。地元のインド人たちの日常生活を垣間見るなら、ビクトリア調の倉庫が目印のプネー最大規模の市場、マハトマ ジヨーティバ フール マンダイがオススメ。ラジャ ディンカー ケルカー博物館では、伝統的な楽器や水タバコのパイプ、玩具など、考古学的にも価値の高い数多くの遺品が展示されています。

ムータ川を渡ると、古くは 8 世紀に岩盤をくり抜いて建築されたパタルシュワー洞窟寺院があります。この寺院では、ヒンドゥー教のシヴァ神が祀られています。隣には、ジャンガリ マハーラージ寺院の姿もあります。かつて、イギリス植民地時代、プネーの国粋主義者のリーダーたちが投獄されていたというアガ カーン宮殿も、人力車に乗って訪れてみましょう。宮殿から人力車でちょっと足を伸ばすと、数多くのショップやレストラン、映画館が溢れるフェニックス マーケット シティでショッピングもお楽しみいただけます。

プネーの歴史に興味のある方は、この周辺地域の部族にまつわる文化遺品が数多く展示されている部族文化博物館もお見逃しなく。プネーで最も主要なショッピングエリアにあるコンノート ロードと MG ロード沿いには、数多くのレストランおよびストリートフードを振るまう屋台が並んでいます。このチャンスに、是非、ガーリックがふんだんに使われた地元プネーのカレーや、コリアンダーやタマリンド風味のお菓子に舌鼓を打ってみましょう。

プネーは、インドの金融と経済の中心であるムンバイの東南 154 km (95 マイル) に位置し、地方空港は市街地から車で約 20 分のところにあります。マハラシュトラ州で 2 番目に大きな地方都市プネーへは、数多くの都市間バスおよび電車が出入りしており、マハシュトラ州への入り口として最適です。


プネー県旅行ガイド


プネー県旅行にオススメのホテル

プネー県のホテルをすべて表示
1.0 5.0 段階中
1.5 5.0 段階中
2.0 5.0 段階中
2.5 5.0 段階中
3.0 5.0 段階中
3.5 5.0 段階中
4.0 5.0 段階中
4.5 5.0 段階中
5.0 5.0 段階中
旅行者に最も人気の高いツアー
[originCity] の旅行者に最も人気の高いツアー

お得なプネー県ツアー(航空券+ホテル)

プネー県へのすべてのツアーを見る

プネー県旅行を予約