ニュー グラスゴー旅行ガイド

ノバスコシア州の北岸にある小さな町にはスコットランドの文化が受け継がれ、美しいリバーフロントのマリーナや、成功を収めた産業の歴史が見所となっています。

歴史あるニュー グラスゴーは、ピクトウ郡と、ノバスコシア北岸への玄関口です。スコットランド系の入植者が 18 世紀後半に定住したため、スコットランド最大の街にちなんだ名前になりました。ノバスコシア州の中のこの地域での商業の中心地で、海事の歴史も豊かなニュー グラスゴー。素晴らしいショッピング、興味深い歴史、北部海岸へのアクセスの良さを満喫しましょう。

ニュー グラスゴーは、イースト リバーを中心に広がっています。ニュー グラスゴー マリーナ周辺の美しいリバーフロントを散策してみませんか。このエリアには、古い線路の上に整備された全長 4 km (2.5 マイル) のサムソン トレイルが伸びています。夜に訪れると、ビクトリア様式の街灯柱に明かりがともり、マリーナを美しく照らし出しています。

埠頭には、ニュー グラスゴーで最も保存状態が良い歴史的建造物、スクワイアー フレイザーズ プレイスもあります。石造りのこの建物は 1845 年に建設されたもので、ノバスコシア州で最も古い建物のひとつです。川から 1 ブロック東には、ニュー グラスゴーのダウンタウン地区があります。ここには、市を代表する歴史的な建物も多く、その間には小さなショップやレストランが長く連なっています。

市内の博物館をいくつか見学すると、ニュー グラスゴーとその周辺の地域の歴史を学ぶことができます。たとえば、町の南部にある産業博物館では、この市街地が製造業の要所であったことがよくわかります。インタラクティブな展示を見ながら、猟師町から商業の町へ、さらに産業の主要都市へと発展してきたニュー グラスゴーの変遷をたどりましょう。カーマイケル - スチュアート ハウス 博物館を訪ね、ニュー グラスゴーの産業の発展がもたらした産物を見るのもおすすめです。これはビクトリア様式の美しい邸宅で、造船で築いた財産の相続人のために建てられました。

車で 20 分ほどで、ノバスコシア州の北の海岸に行くこともできます。半島にあるメルマーバイ ビーチ州立公園に足を運び、2 km (1.3 マイル) にわたって延びている砂浜を散策してみましょう。

ニュー グラスゴーまでは、ノバスコシアの州都であるハリファックスから車かバスをご利用ください。到着したら、ピクトウ カウンティ ピザ (ピクトウ郡ピザ) を食べてみましょう。地元の人々に愛される風味豊かなブラウンソースを味わってみてください。


ニュー グラスゴー旅行ガイド


ニュー グラスゴー旅行にオススメのホテル

ニュー グラスゴーのホテルをすべて表示
1.0 5.0 段階中
1.5 5.0 段階中
2.0 5.0 段階中
2.5 5.0 段階中
3.0 5.0 段階中
3.5 5.0 段階中
4.0 5.0 段階中
4.5 5.0 段階中
5.0 5.0 段階中
旅行者に最も人気の高いツアー
[originCity] の旅行者に最も人気の高いツアー

お得なニュー グラスゴーツアー(航空券+ホテル)

ニュー グラスゴーへのすべてのツアーを見る

ニュー グラスゴー旅行を予約