クラリオン旅行ガイド

クラリオンは、アメリカ植民地時代の名残を色濃く残す街。風光明媚 (めいび) な国立公園が点在し、2 本の国立原生景観河川が流れる雄大な自然に囲まれています。

クラリオンは、景勝地として名高いアパラチア山脈の懐に抱かれたペンシルバニア州北西部の街です。中央にはペンシルバニア州クラリオン大学があり、街の周辺部には驚異の自然に触れられるクック フォレスト州立公園、クラリオン川、アレゲニー川があります。

クラリオン発祥の地はメイン ストリートの界隈 (かいわい) で、19 世紀と同じ店構えで地元の特産品を売る地元店が軒を連ねています。65 m (213 フィート) の塔が印象に残るビクトリア朝時代の建物は郡庁舎です。横目に見ながら通り過ぎ、林業でにわかに発展した 1800 年代当時の街並みの名残を見にコブタウンを訪れ、その頃ここのコミュニティを支えた製鉄、製材、石油産業について学びましょう。1845 年に建設されたヘレンの溶鉱炉と鉄工所の跡地や、人工的な洪水を起こし、丸太を浮かせてクラリオン川に運ぶために使ったブラケット ダムの遺構も参考になります。地域史についてはサットン - ディッツ博物館が詳しく、その歴史が発展させたこの地域と近隣地域の美術工芸についてはクック フォレスト ソーミル センター フォー ジ アーツで確認できます。

野外活動を求めて冒険心がうずくなら、狩猟、魚釣り、遊泳、キャンプなど、冬場はクロスカントリー スキーまでできるクック フォレスト州立公園に行きましょう。セネカ ポイント展望台の火の見やぐらから眺望すると、クラリオン渓谷の美しさをよく見えるほか、クラリオン川の船遊びでもきれいな景色を堪能できます。マツやツガの高木でできた「森の大聖堂」は自然保護地域として国の保護を受けており、ぜひ歩いてみたい場所です。一段と本格的な冒険に飛び込むなら、ピッツバーグからクラリオンを越え、アレゲニー国立森林公園までの 160 ㎞ (100 マイル) を数日かけて踏破するバックパック旅行に出掛けてみませんか。インディアン キャビンズ、ログ キャビン イン、リバー キャビンズ、オールド コンタクト ステーションといった史跡を回り、北米植民地戦争の野営地の歴史を学ぶこともできます。公園内では食事、乗馬、ゴーカート レース、週末のマーケット、劇場のショー、ミニゴルフも楽しめます。 

クラリオンは旅人を温かく迎える土地柄で、ゆっくりくつろげる雰囲気があるため、周辺の素晴らしい歴史や自然を知る旅の拠点に最適です。秋は年に 1 度の重要イベント「オータム リーフ フェスティバル」が開催されます。街にいあわせたなら、のぞいてみてください。


クラリオン旅行にオススメのホテル

クラリオンのホテルをすべて表示
1.0 5.0 段階中
1.5 5.0 段階中
2.0 5.0 段階中
2.5 5.0 段階中
3.0 5.0 段階中
3.5 5.0 段階中
4.0 5.0 段階中
4.5 5.0 段階中
5.0 5.0 段階中
旅行者に最も人気の高いツアー
[originCity] の旅行者に最も人気の高いツアー

お得なクラリオンツアー(航空券+ホテル)

クラリオンへのすべてのツアーを見る

クラリオン旅行を予約