アムリトサル旅行ガイド

賑わう市場と中世の町の門を越えて、シーク教徒の聖地を訪れてみてください。インド全土でも有数の壮麗な寺院の尖塔の数々を目にすることができます。 

活気溢れる都市アムリトサルは、壮大な黄金寺院を参拝するために、インド全土から訪れる観光客と巡礼者で賑わいます。アムリトサルには、見どころの多い魅力的な旧市街の他、線路をまたいで北側には現代的な新市街があります。数々の寺院を訪れたり、博物館でアムリトサルの歴史を学んだりできます。

アムリトサルの歴史が始まったのは 1577 年。この地に癒しの力を持つ池を発見したグル ラーム ダースが、寺院を建立しました。現在ではパンジャブ地方で最大の都市へと発展し、毎年数百万人の旅行者が訪れますが、その多くがシーク教徒。シーク教の総本山である黄金寺院を参拝し、奉仕活動を行うためにやってきます。

寺院の金色のファサードが日の光に照らされて輝き、水の上に浮かんでいるように見える姿をぜひ堪能してください。寺院に入るには、足を洗い、ターバンで頭を覆う必要があります。中に入ると、グル グラント サーヒブというシーク教の大きな聖典を目にすることができます。この聖典は、毎日の礼拝で読み上げられます。敷地内には中央シーク博物館があり、シーク教の歴史を描いた絵画が多数展示されています。

12 の城門に囲まれた旧市街を散策すれば、他にも多くの興味深い名所が待ち受けています。洞穴のようなマータ寺院は、市内の主要なヒンズー教の礼拝所です。かつてのマハラジャ ランジート シングの夏の宮殿には、現在では博物館としてシーク王国時代の武器、油絵、その他の遺物などが展示されています。

ジャリヤーン ワーラー庭園を散策してみましょう。ここは 1919 年のアムリトサル虐殺事件の慰霊のために造られた庭園です。抗議集会に参加した 1,000 人を超える非武装の市民を英国軍が殺害したのです。

アムリトサルには国際空港があり、インド国内の主要都市への鉄道網も整っています。人口が多く交通渋滞も激しいので、観光にはオート リキシャの利用をおすすめします。観光のベストシーズンは冬にあたる 10 月から 3 月です。


アムリトサル旅行ガイド


アムリトサル旅行にオススメのホテル

アムリトサルのホテルをすべて表示
1.0 5.0 段階中
1.5 5.0 段階中
2.0 5.0 段階中
2.5 5.0 段階中
3.0 5.0 段階中
3.5 5.0 段階中
4.0 5.0 段階中
4.5 5.0 段階中
5.0 5.0 段階中
旅行者に最も人気の高いツアー
[originCity] の旅行者に最も人気の高いツアー

お得なアムリトサルツアー(航空券+ホテル)

アムリトサルへのすべてのツアーを見る

アムリトサル旅行を予約