アフマダーバード旅行ガイド

かつて東洋のマンチェスターとも言われた近代都市アフマダーバードには、豊かな歴史、圧巻の迫力を持つ宗教建築、名高い伝統料理もしっかりと根付いています。

アフマダーバードは、グジャラート州にあるインド有数規模の都市ですが、まだあまり観光化されていません。荘厳な寺院やモスク、美食家をもうならせるの傑出した食事文化、魅惑的な歴史、地元の人々の温かな人柄など、魅力満載のデスティネーションです。

この川岸の街の発祥は 11 世紀にさかのぼり、かつては武装された都市でした。18 世紀を迎える頃には、アフマダーバードは製造業、織物工業の一大拠点となり、「東洋のマンチェスター」と形容されていました。このすぐれた織物文化は、キャリコ織物博物館で詳しく紹介されており、500 年の見事な織物も目にすることができます。

20 世紀前半には、アフマダーバードは、大英帝国からインド独立を勝ち取ったマハトマ・ガンジーの非暴力運動の中心地となりました。ガンジーが 12 年間住んだサバーマティ アシュラムは、現在では国の記念物となり、ガンジーの生涯を広く一般に伝える博物館となっていて必見です。

アフマダーバードには、砂岩造りのジャマー マスジッドや美しく装飾されたサイディ サイヤード マスジッドなど、 インドでも指折りの壮麗なモスクがあります。デリー門の外にはジャイナ教のハティー シング寺院があり、彫刻の施された白亜の大理石がまぶしいほどです。 アフマダーバードには、すぐれた近代建築も多数見られ、この街の文化と凧を取り上げた市営博物館があるサンスカル ケンドラは、近代建築の代表傑作です。

旧市街の広場マネク チョークは、地元農産物の朝市、午後のジュエリー市、日暮れ時から並ぶ屋台と、時間帯によって違う顔を見せます。アフマダーバードは、おいしいベジタリアン料理と菓子類の宝庫として有名です。

市街観光の合間にひと息つく際には、静かに過ごせるカンカリア湖、ナルサロバー鳥類保護区、ソル鳥類保護区がおすすめです。さらなるおすすめとなる、アクシャルダム寺院は、近くのガンジナガルにある絶景スポットで、インドトップクラスの噴水ショーが見られる場所としても知られています。

夏はうだるような蒸し暑さが続く地域にあるため、アフマダーバードの観光シーズは夏以外となります。名物の凧が華やかに空を彩るマカラ サンクラーンティなど、たくさんある祭りの日に合わせて訪れると楽しみもひとしおです。

アフマダーバードには国際空港があり、インド国内の鉄道網、道路網の連絡も極めて良好です。


アフマダーバード県旅行ガイド


アフマダーバード県旅行にオススメのホテル

アフマダーバード県のホテルをすべて表示
1.0 5.0 段階中
1.5 5.0 段階中
2.0 5.0 段階中
2.5 5.0 段階中
3.0 5.0 段階中
3.5 5.0 段階中
4.0 5.0 段階中
4.5 5.0 段階中
5.0 5.0 段階中
旅行者に最も人気の高いツアー
[originCity] の旅行者に最も人気の高いツアー

お得なアフマダーバード県ツアー(航空券+ホテル)

アフマダーバード県へのすべてのツアーを見る

アフマダーバード県旅行を予約