戦艦アイオワ

戦艦アイオワは、海に浮かぶ海事博物館です。かつて、世界最強の 1 隻とうたわれた戦艦に乗り込んで、その空気を肌で感じてください。

戦艦アイオワには、50 年間以上もアメリカ合衆国に貢献した後、米海軍から除籍された歴史があります。今は、ロサンゼルスはサン ペドロの港に永久停泊され、輝かしい軍歴に敬意を表す水上記念館に生まれ変わっています。

全長は約 270m。サッカー場を 3 面つなげた長さに匹敵します。「ビッグ スティック」の愛称で親しまれ、アメリカの軍艦に装備された中で、史上最大を誇る巨大な砲が特徴です。各砲塔に仕込まれた砲は直径が 41cm もあり、発射には 77 人以上の海兵が必要でした。

戦艦アイオワは、アメリカ海軍史において重要な役割を果たしてきました。第二次世界大戦と朝鮮戦争に参戦し、前者では 9 つ、後者では 2 つの従軍星章を受章しました。戦時中、ルーズベルト大統領がイギリスのチャーチル首相、ロシアのスターリン最高指導者との首脳会議に出席したときは、大統領を大西洋の向こう岸まで無事送り届けました。この旅のためにルーズベルト大統領が特別に手配した浴槽がまだ残されていて、戦艦ツアーのハイライトの 1 つとして紹介されています。現在に至るまで大統領の特注浴槽をしつらえたアメリカ軍艦はアイオワだけです。

戦艦アイオワには 19 の甲板があり、その内の 7 つが一般公開されています。大口径の立派な大砲が展示されていて、デジタル シアターではアイオワが誇る圧倒的な射撃能力が目と耳に迫ってきます。1945 年のアメリカ軍沖縄上陸の際、アイオワは支援艦として参加しましたが、その時の様子がバーチャル映像で再現されています。実際に艦橋の上に立ち、沖縄上陸を目の前で見ているかのような臨場感を味わえます。

戦艦ツアーでは、ミサイルデッキに加え、各国の高官をもてなしたルーズベルト大統領の船室と船長室、海兵用の食堂なども見学することができます。迷路のように続くはしごを登っていくと、装甲艦橋にたどりつきます。ここは、軍中枢が重要な軍事指揮をとっていた場所です。

戦艦アイオワは、ロサンゼルスのダウンタウンから 40km ほど南下した街サン ペドロにあります。戦艦からほど近い1番通りとハーバー大通りの角に有料駐車場があります。感謝祭とクリスマス以外は毎日開館しています。



近郊のホテル

USS アイオワに一番近い人気ホテル トップ 10


おすすめのホテル

USS アイオワ周辺で最も人気のホテル

USS アイオワ周辺のホテルをすべて表示