ピピ島

エメラルド色の海に囲まれたピピ島は、プーケットという王冠に輝く宝石であることに間違いありません。

ピピ島は、プーケット島と本土の間に広がる青い海に悠然と姿を見せる6つの石灰岩の島からなり、毎年数百万人の観光客が訪れます。この島々は、ひと気のないビーチ、手つかずの森、豊富な海洋生物などに恵まれています。

ほとんどの人は、プーケット島や本土のクラビ県から日帰り旅行でここを訪れます。ですが、6つの島の中心となっており、人が住んでいる唯一の島であるピピ・ドン島には宿泊施設もあります。ピピ・レイ島は2番目に大きな島で、観光客に最も人気があります。この島は数え切れないほどの絵葉書の撮影場所に選ばれており、レオナルド・ディカプリオが主演した映画「ザ・ビーチ」のロケ地でもあります。

ここでの生活は、時間がゆったりと流れます。ピピ・ドン島には今でも道路というものがありません。しかし、ホテル、レストラン、ショップなどは高級なリゾートから格安なバンガローまで数多くの選択肢があります。ここに人が住み始めたのは1940年代で、最初は漁村があるだけでしたが、その後、椰子の木の栽培が人々の収入源となりました。今日では、観光が島の主な産業となっていますが、その他の仕事を今でも営むタイの住民も少なくありません。

ピピ・ドン島までは、乗るボートの種類によって1時間から2時間半ほどかかります。ツアーでは2つの主な島に加えて、石灰岩の洞窟や人っ子一人いないビーチを訪ねたり、沖合いに船の碇を下ろして水泳や日光浴を楽しんだりできます。

ピピ島の周囲に見られるサンゴ礁と海洋生物は、プーケットで最も美しく、中でもマヤ湾、ピレー湾、バンブー島の周辺は特筆に価します。

海から上がって、ジャングルの中にちょっと入ってみましょう。島々を覆っている手つかずの森では、猿、小鳥やトカゲなどが見られます。マンキー・ビーチは、ほとんどのツアーで立ち寄る人気スポットですが、このビーチでは生意気な猿が木々の陰から出てきて、そんなことは予想もしていない観光客から食べ物を盗むことから、この名前で呼ばれています。

日中は、ハイキングに出かけたり、2本の木の間にハンモックを吊るして寝そべって過ごしたりできます。

ボートツアーはプーケットとクラビから簡単に参加できます。プーケットとクラビからはフェリーも就航しており、片道約1時間半で移動が可能です。


ピピ島旅行ガイド


ピピ島旅行にオススメのホテル

ピピ島のホテルをすべて表示
1.0 5.0 段階中
1.5 5.0 段階中
2.0 5.0 段階中
2.5 5.0 段階中
3.0 5.0 段階中
3.5 5.0 段階中
4.0 5.0 段階中
4.5 5.0 段階中
5.0 5.0 段階中
旅行者に最も人気の高いツアー
[originCity] の旅行者に最も人気の高いツアー

お得なピピ島ツアー(航空券+ホテル)

ピピ島へのすべてのツアーを見る

ピピ島旅行を予約