ウィーン旅行ガイド

かつてヨーロッパに大帝国を築いたハプスブルグ家の帝都として栄えたウィーン。今でも街のところどころで、栄華を極めた当時の面影を見ることができます。音楽の都、芸術の街、カフェ文化発祥の街などとも呼ばれ、歴史を見守り続けた古都は多彩な魅力にあふれています。

どんなところ?
ヨーロッパを制したハプスブルグ家の本拠地として栄華を極めたウィーン。第一次世界大戦後はオーストリアの首都となり、中欧文化の中心を担っています。   街の中心部には旧市街が広がり、歴史を感じさせる古い建物や石畳の路地は街歩きにぴったり。観光客が行き交うケルントナー通りには、多くのレストランやカフェ、おみやげ屋が並び賑やかです。   モーツァルトやベートーベンが活躍した音楽の都だけに、オペラ座や劇場、音楽ホールなどが集まり、上質な芸術に触れられます。またグスタフ・クリムトやエゴン・シーレなど世紀末芸術の画家たちも、ウィーンのアートを語るには欠かせない要素のひとつです。  

便利な移動手段
旧市街や環状道路のリンク周辺はUバーン(地下鉄)、トラム(路面電車)、バスが網羅。共通チケットで利用でき、同じ方向で1時間以内なら乗り換えもできます。24時間、48時間、72時間などフリーパスも用意されています。   そのほか近郊鉄道のSバーンが空港や周辺都市まで走っており、郊外へ行くにはこれを利用。また夜遅くや大きな荷物を持っての移動にはタクシーが便利です。  

見どころ&遊び方
街の中心部はリンクと呼ばれる環状道路に囲まれ、石畳の路地沿いに古い建物が並ぶ情緒あふれる街並みが魅力。中央にゴシック建築のシュテファン寺院が建ち、そこから歩行者天国のケルントナー通りが延びています。通り沿いにはカフェやブティックが並び、ミュージシャンや大道芸人が観光客を楽しませてくれます。 ハプスブルグ家の歴代皇帝が住んだホーフブルク宮殿も訪れたいスポット。広大な敷地内には、アルベルティーナなど美術館や博物館、ギャラリーが点在しています。 芸術に触れるのもウィーンらしい過ごし方。美術館や博物館が集まったミュージアム クウォーター、クリムトの天井画が存在感を放つブルク劇場、巨匠の名画を収蔵した美術史博物館、世紀末芸術が充実したベルヴェデーレ宮殿などヨーロッパを代表するアート施設が揃っています。 時間に余裕があるなら郊外に建つシェーンブルン宮殿もおすすめ。バロック様式およびロココ様式の見事な建築と美しい庭園は、世界遺産にも登録されています。

ホテル
多くの観光客が集まる都市なので、ホテルの選択肢は豊富。ラグジュアリーなインテリアで飾られた高級ホテルから、旧市街周辺に点在する中級ホテル、アットホームなペンションまで揃っています。   観光スポットが集中する旧市街や、その周りを走る環状道路周辺にホテルが集中。もちろん中心地を離れたエリアにも、個性的なホテルが点在しています。旧市街周辺は歴史ある建物を改装したホテルが多いのが特徴。高級ホテルは外観こそクラシックな雰囲気を保ちながら、内装はモダンな造りで快適に過ごせます。

レストラン&バー
カフェ文化発祥の地といわれるウィーンでは、カフェは市民にとって欠かせない憩いの場。芸術家や作家が集うサロンとして長い歴史を誇る老舗カフェがいくつも残っています。ノスタルジックな空間は、そこに居るだけで時空を遡るような不思議な感覚にさせてくれます。   地元で愛されるカジュアルなカフェや現代風なモダンカフェも多く、そんなカフェ巡りも楽しいもの。ザッハトルテやアプフェルシュトゥルーデルなど名物スイーツもぜひ試してみて。   レストランではウィンナー・シュニッツェルやグラーシュなど伝統料理が定番。若手シェフを中心にモダンなレストランも増えていて、プレゼンテーションにも凝ったフュージョン料理を味わえます。オーストリアワインやビールを片手に、ゆっくりディナーを楽しみましょう。  

ショッピング
旧市街のシュテファン寺院から延びるケルントナー通りとグラーベン通りに、高級ブランドのブティックやアクセサリー、雑貨店などが集まっています。王室御用達のクリスタルグラスやテーブルウエアの老舗から、お菓子やステーショナリーの専門店まで、個性的なショップが見つかります。   定番はザッハトルテやチョコレートなどのお菓子。またクリムトやシーレなどの作品をモチーフにしたアーティスティックなアイテムも人気です。  

旅行情報

アクセス成田から直行便が運航されている。所要時間は12時間。周辺都市を経由してアクセスすることも多い。
ビザ6カ月以内の観光目的の入国であればビザは不要(シェンゲン協定加盟国)。パスポートの残存有効期間はオーストリア出国時に3カ月以上。
時差日本より8時間遅い。日本が12時のとき、ウィーンは4時。3月の最終日曜日から10月の最終土曜日まではサマータイムを採用し、日本との時差は-7時間となる。
通貨流通通貨はユーロ。空港や銀行、観光地の両替所などで日本円からの両替が可能。クレジットカードの通用度も高い。
言語公用語はドイツ語。英語を話せる人も多く、特に観光地では広く英語が通じる。

気温と降水量

シーズン1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
平均最高気温(℃)2.43.46.616.719.622.828.427.119.515.495.3
平均最低気温(℃)-0.9-0.20.57.211.314.317.216.4127.94.3-1.5
降水量(㎜)105564014130145116092274218

※気象庁ホームページより


ウィーン旅行ガイド


ウィーン旅行にオススメのホテル

ウィーンのホテルをすべて表示
1.0 5.0 段階中
1.5 5.0 段階中
2.0 5.0 段階中
2.5 5.0 段階中
3.0 5.0 段階中
3.5 5.0 段階中
4.0 5.0 段階中
4.5 5.0 段階中
5.0 5.0 段階中
旅行者に最も人気の高いツアー
[originCity] の旅行者に最も人気の高いツアー

お得なウィーンツアー(航空券+ホテル)

ウィーンへのすべてのツアーを見る

ウィーン旅行を予約