マラプラム地区旅行ガイド

豊かな緑に覆われた静かな田園地帯からなるマラプラム地区は、心身ともに活力を取り戻させるアーユルヴェーダ スパや神聖な寺院があることで知られています。 

ケララ州北部のマラプラムは、素晴らしい野鳥や野生生物の保護区を訪れたり、体の内側に眠る調和を呼び覚ますアーユルヴェーダの国内最高峰の拠点で過ごしたり、巡礼者に倣って古寺を参拝したりできる魅惑的な地域です。

マラプラム地区には、イスラム教の古代都市コッタカルに創設されたアーユルヴェーダ施療院、コッタカル アーリヤ ヴァイディア サラがあり、世界中から多くの人々がやってきます。インド有数のアーユルヴェーダ施療院で、リラックス効果の高い頭部マッサージを受けたり、ヨガのレッスンにいそしんだりしてみませんか。

マラプラムに広がる緑の山野には、多様な野生生物が生息しています。カダルンディ鳥類保護区で、100 種におよぶ原生種の鳥類、60 種を超すとも言われる渡り鳥を観察してみませんか。ネダムカヤンの周辺には、ゾウ、クマ、シカなどと出会える熱帯雨林、英国が設立したエレファント テイミング センター (ゾウ調教センター) があります。ニランバー付近の農園にあるチークの木は、世界有数の高さを誇っています。

インドのこの地方は、夏をピークに年間を通じて高温多湿が続きますが、ポナニでは、船遊びで涼を取り、のどかな自然を楽しめます。夏の終わりに開かれるオナム祭に合わせれば、色鮮やかな船が川面を彩りながら速さを競う、年に 1 度の大会を見物できます。  この地域には、巡礼者が訪れる寺院が今でも数か所残っており、中でも特に神聖だとされているのが、胸を打つ夕景が見られる川岸の寺院サーウナヴァヤです。

マラプラム地区は、英国とポルトガルの両国から植民地支配を受けた地であり、その典型となるタヌールの街並みにはポルトガルの影響が色濃く残り、植民地時代のすぐれた建物もいくつか残っています。

この地域の主要空港は、州都マラプラムから 27 ㎞ (17 マイル) 北にあるカリプールとなります。主要鉄道駅はコジコードで、バスが、地域内の大小の街と他の主要地域をつなぐ路線網として機能しています。

1.0 5.0 段階中
1.5 5.0 段階中
2.0 5.0 段階中
2.5 5.0 段階中
3.0 5.0 段階中
3.5 5.0 段階中
4.0 5.0 段階中
4.5 5.0 段階中
5.0 5.0 段階中
旅行者に最も人気の高いツアー
[originCity] の旅行者に最も人気の高いツアー

お得なマラップラム地区ツアー(航空券+ホテル)

マラップラム地区へのすべてのツアーを見る

マラップラム地区旅行を予約